カード貸し出しショップを自分なりに比較してみました

カード貸し付けは様々なサロンが行っておりますが、仮に取り扱うのであればどのサロンが良いのかを解る結果、金利や限度額などを比較してみました。

とりあえず三菱都内UFJ銀行では金利が4.6百分比から14.6百分比までとなっており限度額は10万円から500万円までとなっております。

次にオリックス銀行金利が3.割から17.8百分比までとなっており限度額は800万円までとなっております。三井住友銀行は金利が4.割から14.5百分比までとなっており限度額は10万円から800万円までとなっております。

そのほかのカード貸し付けも比較してみました。みずほ銀行は金利が4.割から14.割までとなっており限度額は10万円から1000万円までとなっております。

楽天銀行は金利が4.9百分比から14.5百分比までとなっており限度額は10万円から500万円までとなっております。

これらの最低限金利は借金限度額が多い場合に適応されている。というのもカード貸し付けは借りる金額が多ければ多いほど金利が安くなる傾向にある為です。

但しさほどおんなじ銀行でおんなじ借入金によるからといって、金利も同じにあるとは限りませんので注意してください。