病気で休職中の給料

病気 休職 給料


会社の規定にも寄りますが、一般的に傷病手当金として
休職中も月給の2/3は給料がでます!

ただ、考えてください

病気はすぐに治るものですか?
会社は、ずっと貴方の休職を認めると思いますか?

一時的に手当てが出たとしても、そのあと元気に復職できるか?
こちらも考えておく必要があります。

あわせて、いざ、会社から解雇、クビを言い渡されたときのことを考えておく必要があります。

そこで、
最悪の事態のときのために1つ行っておいたいい方法を紹介します。

それは、クレジットカードの発行です。
銀行系のカードローンやアコム、プロミスなどです。

その理由は簡単。
休職中だとしても、会社員であることには代わりません。
しっかり仕事があり、定期的な収入がある。
これは、実は社会において大きな武器です。


急な出費でお金が必要となった場合、たった3万円でも、無職では審査に通りません。

今、お金が必要がどうかではなく、今後のためのリスク管理として、1枚でも多くカードを作っておくことは今後のための大きなリスク管理なのです。

仮に奥さんが専業主婦でも、夫の審査が通るうちは審査に通ります。

今はまだ、退職金ももらえるし・・など思うかもしれませんが、再就職も容易な時代ではありません

サラリーマンであるというは、社会的にある保障されいる、信用されている、そこを逆手にとってください。

用途にあわせて、カードローンの申込みができるからオススメです。