自営業ヒトがお金を借りるとき、報酬を証明する術

自営業奴がお金を借りる折、報酬を確定目指すこと、報酬認可・利潤認可を提出します。
認可として使える文書は、確申書が一般的です。

確申書は、3月に作成し、税務署に提出するあの文書です。昨年分の止めがあれば、止めを提出する事で報酬を確定し、お金を借りる事が出来ます。確申書の止めが手元に薄いこと、機関で発行してもらえるため、必要であれば事前に機関にカウンセリングされると良いでしょう。納税認可と伝えれば手順を通してくれる。

自営業奴は、会社員ではありませんので、支給認可、原点回収票の提示では確定が難しいです。自営業奴の場合、支給を払うのは自分であり、原点回収票も同様だからです。

よって、今後、お金を借りる必要性が高いと感じるヤツは、昨年の確申書の止めを保管しておく事をおすすめします。

また、独立始める予定のこと、最低でも1歳は利潤認可をセッティング出来ない事になります。お金の金策は独立前にじっと行なっておく必要があります。